空飛ぶ社畜

This is my unko life

ブス、過去の恋愛から理想の恋人像を模索する

 

 

 私は恋愛偏差値が低い。

 

学生時代は勉強や習い事、家の事などそこそこに忙しく、恋愛をしたいとあまり思っていなかったし、それに加え最も色恋に燃えるであろう高校時代は人間不信真っ盛りで、道行く人全てが自分の悪口を言っているような気がした。

 

 

つまり私の10代は恋愛どころじゃなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、

 

 

 

社畜です、こんばんは

 

只今北海道です。実家です。

前回の更新から仕事で宮崎に行ったり仙台に行ったり那覇に行ったり北海道に行ったり東京帰ってまた北海道に行ったりしてました。

一昨日で今年もプラチナになったぜイェーイ出張全然減らないぜイェーイ家賃もったいないぜイエエエーイジャス略!!!

 

 

 

今日は現地公休だったので久しぶりにブログの更新をします。

 

出張ネタじゃないです。恋愛ネタです。誰も聞いてねーよ。

 

何故今恋愛ネタかっていると数週間前に彼氏と別れたのでいいブログのネタだと思いここらで気持ちの整理でもしとこうかというわけです。

 

 

 

 

あ、話に戻ります。

 

 

 

 

 

えーっと、そう

とにかく恋愛どころじゃない(ていうか単にモテなかっただけだけど)だった私は本来学ぶべき恋愛の楽しさやいろはを学ばずに成人しました。

 

 

東京の会社に内定を貰い、ようやく少し心に余裕が出来た20歳の春、私は初めて

「あ、彼氏、つくろ」

と思い立ちました。

 

 

 

 

〝思い立ったら即行動、これが私の長所です〟

 

就活時に狂ったように使い回していた自己PRを実行する時が来たのです。

 

 

 

 

他大学に通う知人と悪ノリで協力し合い、的を絞りなんやかんやあったけど二ヶ月後に初めての恋人をゲットン。

 

1年半程の交際を経て破局

 

 

一人目の彼氏との交際で学んだ事は以下

 

・イケメンは三日で飽きない

・本能的に好きな匂いの人間がいる

・私中心で物事を考えすぎる人はダメ

ある程度のオツムは必須

 

 

 

最近別れた2人目の人とはざっくりといえばナンパ(道で声かけられたとか出会いの場に行ったとかそういうのではない)で出会いました。

空前絶後超絶怒涛のブス芸人に一目惚れをした彼の猛アタックにより交際スタート。

 

しかし半年弱という短さで破局

 

 

二人目の彼氏から学んだ事は以下

・自分より稼いでいる人はかっこいい※奢られたいという理由ではなく向上心がある人を好む※

・胸筋イイネ。

・どんなに頑張っても会話の波長が全く合わない人間がいる

・フットワークが軽く旅行好きな人が好き

・感情の機微がわかりやすい人じゃないとうまくいかない

・結婚を意識されすぎると萎える

子供がゴールと考える人とは価値観があわない

・家庭環境が複雑すぎる人とは将来を考えられない

 

 

 

赤太字にした項目が破局の主な原因

 

一人目はバカすぎて破局(そのままの意味)

二人目は「愛情より子供がいる家庭の方が優先順位が高い」と断言する程子供(家庭)への憧れが強く、幸せな未来を描けなかったので破局

 

 

 

 

しかしたった二人だけど彼らとの交際から「自分が求める恋人像」

が少しずつ明らかになってきた。

 

 

 

今後誰かと付き合う際の指標としてまとめておきたいので、どうかブスの戯言だと思って聞き流してほしい。

 

現在の「理想の恋人」をまとめると以下である

 

そこそこの顔

・170cm以上

・細マッチョ〜

・年の差干支一周以下

・私より稼げる(仕事ができる)

・旅行好き

・会話がスムーズに続く人

・誠実な人

・愛情の延長線上に家庭、子供があると考える人

うんこと言っても引かない人\おはよううんこ!/

 

 

 

これからは「まあわりとイケメンだし、、、」とか「モテるみたいだし経験だと思って、、、」というようなふわふわした理由で付き合わず、上記を満たす人と付き合おう。

 

 

さて、現在有難いことに上記を満たした方に好意を寄せて頂いている。

しかしどうも乗り気になれずお断りしようと思っている。

まてまて指標を作った筈なのに早くもダメなのかよ一体何が気にくわないんだよおいこらブス!!!

 

そんな自問自答が続いてる。

 

 

とにかく10代で興味のなかった「恋愛」というカテゴリーを、20代後半に差し掛かるまでの2年弱で凝縮して経験しようと思う。

 多少やらかしたり苦しんだりするのも大いに結構だ。

きっと若いうちに経験する恋愛には学ぶことが沢山あるに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「てかあんたさ、つい数日前に別れたばかりのくせに全然凹んでないよねwwそれは好きじゃなかったってことだよw」

 

 

 

周りに破局を伝えると決まってそう言われた。

 

 

 

おそらくそうなのだろう

 

 

 

 

 

ただ、彼と別れた日の夜、私は神社の鳥居をくぐる夢を見た。

入ってすぐ左に手水舎があるその神社はなんだか薄暗く、前には進めなかった。 

 

 

 

 

 

 

 

 

My Hair is Bad「黙れ」MUSIC VIDEO | indiesmusic.com https://www.indiesmusic.com/musicvideo/video.asp?id=12221

読者登録100人突破

こん社!

更新頻度がナマケモノ速度なこのブログ。

 

本日(昨日?え?いつなった?)遂に読者登録数が100人になりました!

 

ありがとうー!センキュー!シェイシェイコップンカー

 

こんな更新速度も話題もテンションも不安定なメンヘラ社畜ブログを読んでくださっている方々本当にありがとうございます。

 

 

 社畜は今日も今日とて社畜で現在は宮崎です。

TOKYOに戻り次第〝読者が100人に達したら書こうと思っていた事〟を書くつもりです。

 

 

兎にも角にもこれからもしくよろ 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へ
にほんブログ村

社畜流恋愛

こん社。

また見事に更新期間が空きました。

バルト三国ネタはいつ完結するのやら。←

 

社畜は沖縄からTOKYOに帰還したりプライベートで宮崎鹿児島を回ったりなど相変わらずな毎日をおくっておりました。

 

そして唐突ですが社畜、人間の異性と交際を始めました。

 

現在交際4ヶ月ほど経ちましたが喪女社畜も〝他人と深く付き合う感覚〟を徐々に掴み始めております。成長ですね。

 

 

人の色恋など一番どうでもいいとは思うのですがここらで交際相手のことを紹介させてもらいますさせてください。

 

社畜の現交際相手は7歳年上の30歳(おっさんと呼んでいる)、マーチ卒、現大手ディスプレイ会社勤務、毎年数十億の仕事を取ってくる社内No.1セールスマンというハイスペックな社畜です。

 

この場で彼に使った

社畜

という言葉を深く掘り下げると

彼は月に200時間残業当たり前、三徹当たり前、会社泊当たり前

そして上記全てになんら疑問を抱かず淡々と仕事をこなす社畜としては優秀過ぎるTOP OF THE 社畜なのです。(あいつ頭おかしいんちゃうか...)

 

勿論出張も国内外問わず多く今月私の影響でSFCも取得済みです。

 

出会いは大雑把に言うとナンパですが大人の事情で省略。

 

社畜は生粋の喪女なのでエリートで明らかにCHARAそうな彼の誘いを断り続けたのですが、なんだかんだあって数回目のおデートで喪女社畜、※クロージングを入れられ交際を了承。(※クロージング=客に商品を買わせる決め手となる言葉。営業社畜用語である)

 

社畜✖️社畜の日本の闇ラブストーリーが関東の某所で密かに始まりの火花を散らしました。

 

 

因みに最初の食事は熊本、次のデートは北海道、次は静岡と山梨と空飛ぶ社畜ならではのデートコース。4ヶ月ほど経ちましたが東京で会うのは数えられるほどです、常に出張先で鉢合わせな感じです社畜です。

 

 

最初は大して興味がなかったのですけどあることをきっかけに徐々に彼への株が上がってきたのでブログに登場させた次第です。

 

 

 

 

それにしてもまさか私のブログカテゴリーに『恋愛』が追加されるとは、、、。

 

このカテゴリーが今後利用されるかは未定ですが、社会の闇にどっぷりハマったド社畜はいいネタになるのでまた機会があれば彼を登場させる予定です。生ぬるい目で見ていただければと思います。

 

シクヨロ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログを書いていたらふとこの時の事を思い出した。

flying-syachiku.hatenablog.com

 

妻子持ち...震

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へ
にほんブログ村

SNSの写真をその場で印刷!?【BOFTとは】inエストニア

こん社!

 

3日前から沖縄は那覇にいます社畜です。

 

空港内の中華屋では入店したらいつものメニューを出されるし国際通り何軒かあるお気に入りの居酒屋のにいちゃん達も「あ、お久しぶりっす」と挨拶されるし、旭橋のウイークリーマンションの受付も「いらっしゃいませ」ではなく「おかえりなさいませ」に変わりつつあるしここはホームですか?

 

 

 

沖縄の話はもう特にないので、ここで二週間前に遡り、エストニアの番外編にはいります。チェケラ

 

 

 

 

 

 

タリンのバス停での出来事。

 

10分もあればまわれる広さのバス停にチキンな社畜は出発2時間前に到着。

 

やることがない。

 

そこでふと目に入ったのがこの機械。

 

 

f:id:flying_syachiku:20170920130937j:plain

 

 

 

 

【Boft】

北欧を中心に14カ国で展開しているこのBOFTという機械。

なんでもSNSの写真を外で印刷できるという代物だそう。 

 

 

バス乗車まで一時間以上ある社畜

最新機器(?)、試してみました。

f:id:flying_syachiku:20170906190353j:plain

 

画面にはインスタグラムと見慣れないアプリのマークが映されている。

 

 

インスタグラムのアイコンをタッチし、自分のIDを入れると、、、

 

 f:id:flying_syachiku:20170906194103j:image

 

ホームが画面上に映される。

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170906190431j:plain

 


現像したい写真、枚数を選びお金を入れる。
2ピースで2ユーロでだったかな

 

 

 

 

 

印刷されるのを30秒ほど待って、、、、

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170906190454j:plain

 

 

 

かんわいー!!!

 

 

 

このレトロ感、かわいくないですか?

 

普通の写真よりちょっと高いけど思い出には良いと思います。

 

 

今流行りのフォトジェニックな一枚に仕上がるので北欧でBoftを見かけたらトライするといいかも。

 

 

次回はラトビアの首都、リガ編!(の予定)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

遂に!新千歳空港ANAラウンジリニューアルオープン!

こんばんは

 

先々週バルト三国から帰国しその後北海道、長野と駆け巡りようやく本日東京で休暇だった社畜です。

 

バルト三国ネタはスローペースであげていくとして今日はこれ、

 

 

 

新千歳空港ANAラウンジ再開!!!】

 

 

今年の始まりごろずーっと工事をしておりました北の玄関新千歳空港ANAラウンジ。

 

9月13日に遂にリニューアルオープンしました!

 

毎月北海道を訪れる社畜、今か今かと待ちわびていた。(500マイルプレゼントも良かったけどね。)

 

 

諸事情で直近で北海道に帰省しなければならなかったのと、ラウンジも入りたかったという理由で13日CTS発の便を購入。いざ、ラウンジに参る!

 

 

 

 

 

ANA優先チェックインカウンターの横に出来たANAラウンジ。

以前より入り口が大きい。

f:id:flying_syachiku:20170920120335j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170920120512j:plain

 

 

入るとまずは全便が確認できるモニターと優先レーン。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170920120511j:plain

 

 

 

通過するとANAラウンジの案内が。

 

 

 f:id:flying_syachiku:20170920121322j:plain

 

 

羽田のように二階が出来ている!

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170920121508j:plain

 

 

羽田だと更に上の階にSUITE LOUNGEがあるけれど、新千歳のニューラウンジは↑の写真の受付右が一般(SFC、プラチナ会員)ANA LOUNGE、左がSUITE LOUNGEと分かれていた。

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170920121845j:plain

 

 

中はこんな感じ。

 

f:id:flying_syachiku:20170920124300p:plain

 

 

 

因みにリニューアル前の新千歳空港はこんな感じ。

 

 

 

わかりづらいけどかなり広くなったし明るくなった。

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170920121942j:plain

 

ちゃんとビジネスコーナーもあるし

 

f:id:flying_syachiku:20170920122955j:plain

 

ロッカーもある。

 

f:id:flying_syachiku:20170920123212j:plain

 

 

いつものおつまみ(左)とオープン記念で北海道の有名な菓子店(店名失念)のラスクを貰った。

 

 

 

 

以前から狭いと酷評だった新千歳空港ANAラウンジ。

今回の改装で羽田や伊丹のような広くて綺麗なラウンジに生まれ変わった。

 

プレミアムシートだって庶民からしたら安くないし、ステータス会員になるのだってかなりの搭乗回数、費用が必要なんだから、主要空港くらいはこれくらい綺麗なANAラウンジだと有難い。

 

 

 

 

次は那覇ラウンジが広くなってほしいと願う社畜である。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へ
にほんブログ村

タリンからリガへの行き方

こん社

 

そろそろ旅も終盤なんだけどブログはまだ1カ国目のタリンで終わってる。

旅しながらブログ書いてる人、凄ない?

 

超絶不器用社畜には無理すぎた。

 

遅ればせながらも書いていきます。

今日はこれ!

 

タリンからリガへの行き方!

バルト三国を旅する人に欠かせない交通機関である高速バス。

 

いくつか会社はあるけれど一番評判がいいのがLUX BUS

HPでも、バス停でもチケットは買えるよ。

 

HPはこちら

Lux Express

fromtallin coach stationToriga coach station

にする

f:id:flying_syachiku:20170906184849p:plain

 

 

写真を見てわかる通りlounge とregularがある。

そこまで値段が変わらないのでラウンジを選択。

この日は28ユーロ(約3700円)だった。

 

 

出発時間を選びクレジットで購入出来る。使えるのはたしかVISAかMASTERだった。

 

 

購入完了画面をスクショしてバスの運ちゃんに見せただけでオッケーだった。

 心配な人は購入画面を印刷してもていけば良いと思う。

 

 

タリンのバス停は旧市街からトラムでいくのが近い。

4番のトラムに乗ってAutobussijaam

という駅で降りればすぐ目の前だ。

f:id:flying_syachiku:20170906185306j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170906190252j:plain

 

 

 

 

 

沢山バスが出ている 

 

f:id:flying_syachiku:20170906190603j:plain

 

もちろんWiFiはフリー

 

 

f:id:flying_syachiku:20170906190515j:plain

 

 

 

乗車時に購入画面のスクショ(or印刷)とパスポートが必要

他の国だとEU内は基本パスポートは要らないんだけどなぜかタリン→リガ間はパスポートの原本は必須だった。

知らなかった社畜、バスのお腹に荷物をのせる人に怒られながら再度スーツケースを取り出してもらうの巻。

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170906190648j:plain

 

 

ラウンジ席は一般席とカーテンで仕切られている。

席は少し広めで乗車時に飲み物とお菓子をもらえる。

 

それ以外は一般席と大差なかったし次はレギュラーでいいかな。

 

f:id:flying_syachiku:20170906190538j:plain

 

 

 

約3時間の バスの旅、出発!!!!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

エストニアの下北沢?【タリン駅】のビッグマーケットに行ってみた

こん社

 

旧市街はタリンの中で一番の見所ですが正直4〜5時間あれば十分楽しめる。

 

サマータイムで明るいエストニア。時間はたっぷりある。

 

でもどこに行けばいいんだろう、、、?

ネットによるとタリン駅周辺がマーケットになってるとのこと。

 

よし、行ってみよう!

 

 

さっそく 地元の人何人かに「タリン駅に行きたい」と訪ねてみたんだけど不思議とみんな首をかしげるだけ。

 

名前、タリン駅じゃないの、、、??

 

あらかじめ調べておいたタリン駅周りの写真を見せつつどんな場所か身振り手振りで伝える。

 

「ああ!Big marketがあるところね!」と一人のおばさんがようやく理解してくれた。

 

旧市街近くを通るトラムの2番に乗りBalti Jaamという駅で降りると近いのだそう!

 

f:id:flying_syachiku:20170902233929j:plain

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170902234034j:plain

 

お、ここかな!

 

f:id:flying_syachiku:20170902234031j:plain

 

なんかそれっぽい!!!

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170902234123j:plain

 

確かにビッグマーケットだ

 

 

f:id:flying_syachiku:20170902234521j:plain

 

 

なかはこんな感じで古着がたくさん売ってる!!!

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170902234526j:plain

 

たのしーい!

 

 

下北沢っていうより巣鴨?←

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170902234601j:plain

 

駅周辺にはこんな↑感じの建物がいくつか建っていて古着が所狭しと並んでいる

 

値段はピンキリだけど安いのだと1ユーロからあった

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170902234826j:plain

 

 

私が好きだったのがこのLIHASAAL。

一番下北沢臭がしたところ。w

 

f:id:flying_syachiku:20170902234528j:plain

 

中古の本が安い!エストニア語読めないけど。

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170902234921j:plain

 

 

LIHASAALの二階にあるANTIKというお店がめちゃくちゃよかった!

 

f:id:flying_syachiku:20170902235004j:plain

 

金属製品とか

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170902235110j:plain

 

軍服とか

 

f:id:flying_syachiku:20170902235139j:plain

 

 

でた!マトリョシカ!!w

 

 

 

 

 

ごちゃごちゃ感がまさに下北沢!wな私イチオシのおみせでした。

 

その他にもLIHASAALでは個展も開かれていてエストニアの伝統的な製品が買える。

 

旧市街に無いもの、旧市街より安いものも結構あったから旧市街を観光した後にタリン駅のマーケットに足を運んでみても楽しいかもしれない 

 

 

 

さあブログはまだタリンですが現在ラトビアはリガなうです!

昨日バスから街を見た限りではタリンよりリガの方が治安はよろしくなさそう、、、。

最低限危険を避けながら楽しんできまーすW

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村