飛べる豚は只の社畜だ

愛のままに我儘に僕は会社だけを愛せない

社畜は小樽観光大使になりたい(GW1日目)

 

こん社。

 

社畜のGWが始まりました。

社会人になって初めてもらったGW。

ウキウキが止まりません。

 

 

 

ということで本日は小樽に行って参りました。

otaru.gr.jp

 

 

 

新千歳空港からJR1本で1時間30分

札幌駅から同じくJR1本で45分と、中心地から気軽に訪れることができるのが小樽という街。

 

この小さな港町、小樽にはおしゃれなカフェやご飯屋さん、硝子細工のお店や夜景スポット等、一日では回りきれないほどの観光場所が一箇所に密集しており、観光協会公式にも書いているように

 

 

「また来たくなる街」

 

 

なのである。

 

 

社畜も帰郷したら必ずと言っていいほどいつも小樽を訪れる。

 

 

そんな大好きな小樽という街を本日はゆるくご紹介したい

 

 

 

写真多めだから重かったらすんまそん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195320j:image

 

一枚目からこの写真にしたくなるほど「小樽と言ったら海鮮丼」

 

街の至る所に海鮮丼店が連なり、写真のような看板が所狭しと並んでいる。

 

写真は蝦夷屋」という店

うんまそう 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195440j:image

 

 

 

ここは昆布専門店。

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195429j:image

 

 

 

北海道の昆布は粘り気がすごくお味噌汁に入れるとめちゃくちゃうまい

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195459j:image

 

 

お店の前で女の人が昆布茶を淹れてくれた。

 

昆布を潰しながら飲む。

 

ただのお湯に一枚の昆布を入れただけなのにとても美味しい。

 

飲んでいる間にお姉さんとの会話が続かず気まずかったのはここだけの話。

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195509j:image

 

「ヤン衆」という店

 

ここではジンギスカンステーキも海鮮丼もなんでも揃う。

 

多分有名。

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195518j:image

 

 

ほっきのバター焼き。

 

香ばしい匂いが食欲をそそる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195402j:image

 

 

小樽はガラス細工が有名だよね。

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195411j:image

 

 

 

 

奥から千と千尋の湯婆婆が出てきそう。

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501205644j:plain

 

 

 

 

 

 

「今日からお前の名前は社畜だよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

;;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195524j:image

 

 

 

社畜がよく行くパワーストーンの店。

 

 

半年に一回はここで作ったパワーストーンを作り直しに訪れる。

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195533j:image

 

 

全て天然石

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195542j:image

 

 

手相は無料で見てくれる。

 

占いとか手相とか基本信じていないんだけどここははちゃめちゃ当たるからつい信じそうになる。

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195549j:image

 

 

 

手相を見てもらいながら彼らの営業トークを分析するのが楽しい。

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195559j:image

 

 

 

かまぼこのてんぷら

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195607j:image

 

 

写真のお店の名前は知らないけど小樽には「かま永」というかまぼこやさんがある

 

www.kamaei.co.jp

 

明治38年創業の超老舗かまぼこ店。

 

ここのパンロールと野菜かまぼこがめちゃくちゃ美味しいからお試しあれ

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195616j:image

 

小樽は昨日紹介したLeTAO(ルタオの発祥地なので港付近だけでも5箇所ルタオの店がある

上はLeTAO PATHOS店

2階にはカフェがありスイーツだけではなくコース料理も楽しめる。

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195958j:image 

 

 

こちらはLeTAO Le chocolat

 

ルタオのチョコレート専門店。

 

f:id:flying_syachiku:20170501200034j:image

 

 

ルタオの代表作的なチョコレート Royale Montagne

一箱1000円でややお高め

よく店前で試食させてくれるのがこのRoyale Montagne。

食べた後に鼻からダージリンの香りがぬける最高にファビュラスな一品

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200039j:image

 

 

チョコレート×オレンジ=最高 という方程式に名前をつけたい

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200052j:image

 

 

北一硝子3号店。

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200102j:image

 

 

北一ホールというカフェ兼レストラン

 

これからオペラ歌手でも来んのかってくらい格式高い雰囲気を漂わせていた

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200147j:image

 

 

酒器蔵。

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200157j:image

 

 

硝子でつくられたヤモリだかイモリだかイモトだかよくわかんないけど爬虫類。

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200203j:image

 

 

 

何十種類ものグラスが並ぶ

 

 

「これ全部割ったら一体、、、」

 

 

社畜はショルダーバッグの紐をキュッと握りしめた

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200210j:image

 

 

ワインのセミナーも開催しているらしい。

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200217j:image

 

小樽出世前広場。

 

 

 

けんけんぱっ

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200317j:image

 

 

 

どこか懐かしい雰囲気

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200321j:image

 

 

お宿もある

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200326j:image

 

 

 

昭和レトロ〜

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200335j:image

 

 

ここが一体なんなのか未だにわからないけど、いつ来ても脳内BGMが吉田拓郎の「今日までそして明日から」になる場所。

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200347j:image

 

 

硝子工房

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200435j:image

 

 

小樽運河ターミナル。

ここ、実は旧三菱銀行小樽支店。

今は観光施設として使用している。

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200534j:image

 

 

ターミナルに出店しているあまとうというお店のマロンコロンというお菓子がとても美味しい。

 

 

洋菓子・喫茶の小樽あまとう

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170502205851j:image

 

 

 

よくマロンマロンと間違えられるがマロンロンなので食べてもまきのは落とせない

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200530j:image

 

 

桑田屋

 

という有名なぱんじゅう

 

 

 

  

ぱんじゅうってのは今川焼きのちっちゃいバージョンみたいな小樽の名物菓子。

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200515j:image

 

 

 

1個80円くらい。

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200520j:image

 

 

美味しいよ

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200521j:image

 

 

失敗

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200524j:image

 

 

 

クリームがたくさん入っているから注意して食べよう

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200507j:image

 

 

誰だこいつ

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200506j:image

 

 

火の見やぐら

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200505j:image

 

 

 

登れるよ

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200502j:image

 

 

 

またお前か

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200504j:image

 

 

 

小樽運河

 

中途半端な時間に来たから綺麗さが伝わらない。

 

夜になるとライトアップされてとっても綺麗!

 

またいつか。

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200509j:image

 

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200547j:image

 

 

 

今日紹介したのは小樽のほんの一部で、他にも有名な場所とか、社畜の母が小さい頃からあるレトロなカフェとか、社畜が落ち込んだ時に行く最高にエモい神社などなど、まだまだ伝えたい小樽が沢山ある。

 

 

 

 

カテゴリーも作ったことだし今後も北海道に帰った時には小樽の魅力を紹介していくつもりだ。

 

 

 

 

 


www.youtube.com

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村