読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛べる豚は只の社畜だ

愛のままに我儘に僕は会社だけを愛せない

満員電車でどうしても避けられないアレのこと

こん社

 

皆さんラッシュ時に通勤もしくは通学してますか

 

 

社畜は出張マンなので朝は6時の空港シャトルバスに乗り飛行機に乗って〝仕事場〟へ向かいます。

 

 

これが社畜のポピュラーな〝通勤〟です。

 

 

 

だからたまに東京で仕事するとまーーーーーーしんどい。

 

 

 

どこもかしこも   人!!!!!

 

 

人しかいねえ!!!!!

 

 

 

人口密度が凄すぎる。

 

 

畳一枚分の広さに10人は立っている。

 

 

 

こんなにも人が集中する東京で、公共交通機関で痴漢がどうとか騒ぐのはとてもおかしいことだ。

 

 

 

そんなの分かってる。

 

 

 

 

 

 

分かってるんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分かってるんだけど私〝が〟いつもおじさん〝の〟尻をなでる羽目になるのはどうしても解せない。 

 

 

 

 

 

社畜は人類のメスに位置する割に167㎝と身長が高い。

それに加え5㎝以上のヒールを履く為目視172,3cmになる。

 

社畜から見る〝おじさん〟の年代は50代〜60代。

 

彼らの平均身長は166.5㎝。つまり社畜の方が6cmほど高い計算になる。

 

 

先程申し上げた通り畳一枚分のスペースに10人は立っている状態で身動きなど取れる筈はなく、皆只直立しているしか術はない。

 

 

 

 

 

そうなると必然的にこれを

f:id:flying_syachiku:20170317203705j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:flying_syachiku:20170317210643j:image

 

 

こーすることになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんども言うが私達は身動きが取れない。

 

 

ただ電車の動きに合わせるしかないのだ。

 

 

 

ガタンゴトン....ガタンゴトン....

 

 

 

 

揺れる電車。

 

 

 

 

動く右手。

 

 

 

私の意志と反し右手は電車の揺れに合わせおじさんの尻をリズミカルにタッチする。

 

 

 

 

電車が地上から地下に入る時、自分達が窓に映り気まずい。

 

 

 

 

 

 

主要の駅を通り過ぎると満員電車は少し落ち着き体制を直す余裕ができる。

 

 

 

ようやく右手を退ける社畜

 

 

右手が自由になってもその手の居場所は、無い。

 

居場所を探しているうちに電車の揺れは悪化。

 

 

よろける社畜

 

 

 

 

女子の憧れ壁ドンを見知らぬおじさんに初披露。 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170317212126j:image

 ※画像はイメージです。実際の登場人物や壁ドンとは一切関係ありません※

 

 

 

 

 

 

社畜「...すみません」

 

おじさん「...いえ...」

 

 

 

 

両者、共に瞳に光は灯っていない。

 

 

 

 

 

私達はわかっている。

 

全て〝仕方が無いこと〟だと。

 

 

日本の人口は約1億2683万人。

 

その10分の1が首都、東京都に集中している。

 

 

 

これだけの人間が集まれば、私がおじさんの尻を(おじさんは自分の尻を)

なでる(なでられる)確率が高くなるのは至極自然なことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

〝なでたいわけじゃない〟(なでられたいわけじゃない)

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけはわかってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

全ては東京一極集中の所為である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社畜は都心の交通機関の更なる発展を切に願う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ては、罪も無く〝なでられる〟(なでる)私達の為にー。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 20代 日々のできごとへ
にほんブログ村