飛べる豚は只の社畜だ

愛のままに我儘に僕は会社だけを愛せない

社畜はANAマイラー

こんばんは社畜です

 

 

今更だけどこのブログ、日々の空飛ぶ社畜の旅記録、つまりマイラーの日々を記録する為に始めたのだった。

 

久しぶりに連日関東に滞在してるから忘れてた(てへ

 

 

 

本日はマイルの事、ANAのこと、ステータスのこと等を書こうと思う。

 

 

 詳しく書いているブログはたくさんあるからさらっとだけ。

 

 

 

以下社畜データ 

⭐︎利用航空会社 8:1:1=ANALCC:その他(Airdo etc)

⭐︎平均利用回数 月3往復(2往復仕事1往復LCCプライベート)

⭐︎所有マイレージカード ANAJCBGOLD (Super flyers)、ソラチカカード←NEW!

⭐︎ステータス ANAプラチナ

 

 

 

去年の今頃から本格的に飛び(飛ばされ)始めて約一年。

プラチナを目指そうと考えたのが6月ごろ。

達成したのは11月。

8月まではマイレージカードでそれからゴールドに変更。そして昨日陸マイラーの必需品、ソラチカカードが届きました。

 f:id:flying_syachiku:20170306221723j:image

 

 

やったね

 

 

 

 

ANAプラチナステータスとは

 f:id:flying_syachiku:20170306222038j:image

 

 

ANAスターアライアンスに属する航空機に搭乗することでしか貯まらないポイントを1月から12月までで50,000P貯めたら手に入るステータス。

 

普通に貯めようとしたらだいたい50万くらいかかるらしい。

 

ステータスは一年間のみ有効※ステータス保持期間にスーパーフライヤーズ(SFC)というプラチナステータスの一部のサービスを一生有効にすることができるステータスを所有ANAカードにつけることもできる※←これを目指す人がとても多い

 

 

 

プラチナを取得すると予約や空席待ちが優先的にできたり優先搭乗や特別保安検査、預け荷物を優先的に取り出せたりなどできる。

 

 

あとはANAラウンジが使えるようになる。

f:id:flying_syachiku:20170306222446j:image

 

空港の保安検査内に設置されているANAの上級会員が入れるラウンジ。

 

日本酒とビールが飲める。ケータイが充電出来る。それくらい。

 

 

国際線のANAラウンジを使用したことがないから分からないけど正直国内線のANAラウンジに社畜は大した価値を感じていない。

 

 

一年に10回も飛行機に乗らない人にはステイタスは別に必要ないんじゃないと思う。

 

 

 でも自分が頑張った証が目に見える形で返ってくるのはとても嬉しい。

 

 

 

 因みに今の社畜のマイルとポイント。

f:id:flying_syachiku:20170306222635p:image

f:id:flying_syachiku:20170306222636p:image

 

 

実家の犬に会う為にちょこちょこ使っちゃってるからこれくらい。

 

 

 

安い時期で大体12000マイルで東京から那覇以外の場所ならいける。

 

12000マイルをクレジットだけで貯めようとすると120万使う必要がある

でも一年間月10万生活費等に使ったら翌年国内旅行が出来ちゃうって思うと凄くお得だ。

 

さっき大してステータスは必要ないとかANAラウンジにそこまで魅力は感じないとか言ったけど、上級会員に慣れると他の飛行機に乗った時不便に感じる事が多くなる。

 

ANAなら並ばなくてすむのなー

とか、

空席待ちが何時間も待たなきゃ自分の番に回ってこないー

とか、

やっぱり疲れて帰る時はビールでも一杯飲んで帰りたいなー

とか、

そういう何気ないところから上級会員の有り難みを感じる

 

 

うん、

取れるなら取っといた方がいい!

かっこいいしね!!

 

なんかの記事でSFCの本会員を取得出来る平均値を出していて、それによると『男性・40代・年収1400万』が最も多いとのこと。

女性の取得者は20%、20代前半は2%らしい。

 

メス・20代前半・貧乏人 の社畜はにんまり

 

 

以上!ちょっとした自慢でした。

 

 

 

 

 

今日はなあなあなブログになってしまったけれど、明日からまた飛び回ります。

 

(まだ関東でやりたい事沢山あったのにな)

 

社畜先の事などゆるく書いていくので読んでくれると嬉しい。

 

 

ではまた