読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛べる豚は只の社畜だ

愛のままに我儘に僕は会社だけを愛せない

社畜は小樽観光大使になりたい(GW1日目)

 

こん社。

 

社畜のGWが始まりました。

社会人になって初めてもらったGW。

ウキウキが止まりません。

 

 

 

ということで本日は小樽に行って参りました。

otaru.gr.jp

 

 

 

新千歳空港からJR1本で1時間30分

札幌駅から同じくJR1本で45分と、中心地から気軽に訪れることができるのが小樽という街。

 

この小さな港町、小樽にはおしゃれなカフェやご飯屋さん、硝子細工のお店や夜景スポット等、一日では回りきれないほどの観光場所が一箇所に密集しており、観光協会公式にも書いているように

 

 

「また来たくなる街」

 

 

なのである。

 

 

社畜も帰郷したら必ずと言っていいほどいつも小樽を訪れる。

 

 

そんな大好きな小樽という街を本日はゆるくご紹介したい

 

 

 

写真多めだから重かったらすんまそん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195320j:image

 

一枚目からこの写真にしたくなるほど「小樽と言ったら海鮮丼」

 

街の至る所に海鮮丼店が連なり、写真のような看板が所狭しと並んでいる。

 

写真は蝦夷屋」という店

うんまそう 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195440j:image

 

 

 

ここは昆布専門店。

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195429j:image

 

 

 

北海道の昆布は粘り気がすごくお味噌汁に入れるとめちゃくちゃうまい

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195459j:image

 

 

お店の前で女の人が昆布茶を淹れてくれた。

 

昆布を潰しながら飲む。

 

ただのお湯に一枚の昆布を入れただけなのにとても美味しい。

 

飲んでいる間にお姉さんとの会話が続かず気まずかったのはここだけの話。

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195509j:image

 

「ヤン衆」という店

 

ここではジンギスカンステーキも海鮮丼もなんでも揃う。

 

多分有名。

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195518j:image

 

 

ほっきのバター焼き。

 

香ばしい匂いが食欲をそそる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195402j:image

 

 

小樽はガラス細工が有名だよね。

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195411j:image

 

 

 

 

奥から千と千尋の湯婆婆が出てきそう。

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501205644j:plain

 

 

 

 

 

 

「今日からお前の名前は社畜だよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

;;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195524j:image

 

 

 

社畜がよく行くパワーストーンの店。

 

 

半年に一回はここで作ったパワーストーンを作り直しに訪れる。

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195533j:image

 

 

全て天然石

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195542j:image

 

 

手相は無料で見てくれる。

 

占いとか手相とか基本信じていないんだけどここははちゃめちゃ当たるからつい信じそうになる。

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195549j:image

 

 

 

手相を見てもらいながら彼らの営業トークを分析するのが楽しい。

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195559j:image

 

 

 

かまぼこのてんぷら

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195607j:image

 

 

写真のお店の名前は知らないけど小樽には「かま永」というかまぼこやさんがある

 

www.kamaei.co.jp

 

明治38年創業の超老舗かまぼこ店。

 

ここのパンロールと野菜かまぼこがめちゃくちゃ美味しいからお試しあれ

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195616j:image

 

小樽は昨日紹介したLeTAO(ルタオの発祥地なので港付近だけでも5箇所ルタオの店がある

上はLeTAO PATHOS店

2階にはカフェがありスイーツだけではなくコース料理も楽しめる。

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501195958j:image 

 

 

こちらはLeTAO Le chocolat

 

ルタオのチョコレート専門店。

 

f:id:flying_syachiku:20170501200034j:image

 

 

ルタオの代表作的なチョコレート Royale Montagne

一箱1000円でややお高め

よく店前で試食させてくれるのがこのRoyale Montagne。

食べた後に鼻からダージリンの香りがぬける最高にファビュラスな一品

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200039j:image

 

 

チョコレート×オレンジ=最高 という方程式に名前をつけたい

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200052j:image

 

 

北一硝子3号店。

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200102j:image

 

 

北一ホールというカフェ兼レストラン

 

これからオペラ歌手でも来んのかってくらい格式高い雰囲気を漂わせていた

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200147j:image

 

 

酒器蔵。

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200157j:image

 

 

硝子でつくられたヤモリだかイモリだかイモトだかよくわかんないけど爬虫類。

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200203j:image

 

 

 

何十種類ものグラスが並ぶ

 

 

「これ全部割ったら一体、、、」

 

 

社畜はショルダーバッグの紐をキュッと握りしめた

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200210j:image

 

 

ワインのセミナーも開催しているらしい。

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200217j:image

 

小樽出世前広場。

 

 

 

けんけんぱっ

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200317j:image

 

 

 

どこか懐かしい雰囲気

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200321j:image

 

 

お宿もある

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200326j:image

 

 

 

昭和レトロ〜

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200335j:image

 

 

ここが一体なんなのか未だにわからないけど、いつ来ても脳内BGMが吉田拓郎の「今日までそして明日から」になる場所。

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200347j:image

 

 

硝子工房

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200435j:image

 

 

小樽運河ターミナル。

ここ、実は旧三菱銀行小樽支店。

今は観光施設として使用している。

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200534j:image

 

 

ターミナルに出店しているあまとうというお店のマロンコロンというお菓子がとても美味しい。

 

 

洋菓子・喫茶の小樽あまとう

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170502205851j:image

 

 

 

よくマロンマロンと間違えられるがマロンロンなので食べてもまきのは落とせない

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200530j:image

 

 

桑田屋

 

という有名なぱんじゅう

 

 

 

  

ぱんじゅうってのは今川焼きのちっちゃいバージョンみたいな小樽の名物菓子。

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200515j:image

 

 

 

1個80円くらい。

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200520j:image

 

 

美味しいよ

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200521j:image

 

 

失敗

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200524j:image

 

 

 

クリームがたくさん入っているから注意して食べよう

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200507j:image

 

 

誰だこいつ

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200506j:image

 

 

火の見やぐら

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200505j:image

 

 

 

登れるよ

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200502j:image

 

 

 

またお前か

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200504j:image

 

 

 

小樽運河

 

中途半端な時間に来たから綺麗さが伝わらない。

 

夜になるとライトアップされてとっても綺麗!

 

またいつか。

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200509j:image

 

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501200547j:image

 

 

 

今日紹介したのは小樽のほんの一部で、他にも有名な場所とか、社畜の母が小さい頃からあるレトロなカフェとか、社畜が落ち込んだ時に行く最高にエモい神社などなど、まだまだ伝えたい小樽が沢山ある。

 

 

 

 

カテゴリーも作ったことだし今後も北海道に帰った時には小樽の魅力を紹介していくつもりだ。

 

 

 

 

 


www.youtube.com

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

23歳ー選択ー

 

こん社

 

昨日23になった社畜

 

会社では最年少なので特に年齢面での危機感は感じてはいなんだけど世間一般的には23歳は第一次結婚ラッシュらしいね。

 

周りに結婚した人もしそうな人もいないので自分がそういう年だっていう実感はないです。

 

 

さてそんな自分とは程遠い話の前に社畜には今年中に選択しなければならないことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事を辞めるかどうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だ。

 

 

 

勿論すぐに辞めるというわけではない。

最低でも来年の10月まではこの会社と共に空を飛ぼう。

 

 

 

 

 

だがその後どのような道に進むか決めかねている。

 

 

 

 

 

 

 

社畜にはやりたいことがある。

それは8年以上前、社畜がまだビッチビチのカジキマグロだった時(これは新鮮で若々しかったことを意味しているのであって決して下ネタでは無い)からぼんやり考えてきた事で、年を重ねるにつれ具体的に計画を練ってきた。

 

 

 

それをするために最低限必要な資金もこの8年で(主に社会人になってからだけど)貯まった。

 

 

 

 

実行予定は最短で来年の12月。

 

 

何故その時期かというと大して住んでいないアパートの契約が来年の12月まで

だということと同じ会社で3年頑張ってから他の事をしたいからだ。

 

 

 

 

 

 

社畜は来年の10月で今の会社に入社し3年経つ事になる。

 

 

 

 

 

 

 

石の上にも三年じゃないけど、どんなことがあってもここで3年やる、そう入社前から決めていた。

 

 

 

 

豆腐メンタルな自分が同じ場所に3年居座る為には自分にとって良い環境を作る必要があった。

 

 

 

 

入社し、先輩や上司から最低限好かれる為に最大限の努力をしたし、全く向いていない営業という職業を毎日がむしゃらに勉強した。

 

 

その結果人間関係はいじめられたりもしたけれど今では先輩とも後輩ともそこそこ良好な関係を築けているし、上司からもそれなりに可愛がられている。

 

営業成績は去年何度か1位をとったし常に上位5位以内をキープ出来るようになった。 

 

 

 

つまり今、自分にとって最低限の生きやすい環境が整っている。

 

 

 

それに加え今年から昇進制度が整い、条件は社畜も目指せないものではない。

 

 

もともと給料がよく、年に4回、スズメの涙ほどだがボーナスもあるし物欲がない社畜にとっては十分で、昇進すれば更に給与は良くなる。

 

 

 

 

人として誇れるものをなにも持っていない社畜がこの環境を捨てるのはとても惜しい。

 

 

 

 

 

しかし昇進すれば退職しづらくなり、〝やりたいこと〟ができなくなる。

 

 

 

 

25歳迄には実行しようとコツコツ資金を貯め、その為の勉強もしてきた。

しかしやりたい道に進んだとしても成功する保証は無い

ただ楽しんでなんの身にもならなかったら今までの社畜の努力は水の泡だ。

 

 

 

楽しい思い出とだけ生きていくことは出来ない。

世の中どんなに綺麗事をぬかしても所詮金が無ければ何も出来ないのだ。

 

 

 

 

わかっているけれど自分がこれから老いた時、病気になった時、此の世を去る時、

 

 

 

 

「ああ、やっぱりあの時行動していればよかったなあ」

 

 

 

 

なんて思いたくない。

 

 

 

 

逆も然りなんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

安定とやりたいこと、どちらをとればいいんだろう。

 

 

 

 

どっちつかずでいたらどちらも中途半端になってしまう

 

 

 

二兎追うものは一兎も得られないよ。

 

 

早く決めよう

 

 

今年の秋までには。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:flying_syachiku:20170501134826j:image

 

 23歳の自分への誕生日プレゼント

 

 

サリチル酸グリコール配合肩こりローション〟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:flying_syachiku:20170501134803j:image

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170501134814j:image

 

 

 

 

 

 

 

昨日カラオケで酔っ払いながら撮った歌詞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 suck a stew dry 「Payment」

www.youtube.com

 

 

 

 全国の社畜へ捧げる曲  (上の画像とは関係無い)

 

 

このバンドの紹介はまたいつか。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 20代 日々のできごとへ
にほんブログ村

社畜in北海道③,④ (生誕)

こんばんは、社畜です。

 

本日4月30日。

 

社畜23歳の誕生日でございます。

 

 

23歳。若いと捉えるかBBAだと捉えるか...。

 

 

誕生日にウキウキしていた時代はもうとっくに過ぎ去りました。

 

 

誕生日だろうとなんだろうと働きます。

 

 

 

 

 

 

 

「今日誕生日なんですよ!!!お客様が私の誕生日プレゼントになってください!!」

 

 

 

 

 

 

 

というまるで意味がわからない発言をして周り終わった1日でした。

 

 

 

 

はっぴーばーすでーとぅーみー。

 

 

誕生日は1人で過ごすに限ります。

 

 

 

〝特別な日〟には《特別な誰かとすごす》

より

〝特別な日〟には《いつもの様に1人で過ごしたい》

 

 

 

そんなコミュ障BOCCHI社畜ですこんばんは

 

 

 

 

いつも通り仕事終わりに街でウィンドウショッピングを楽しみ、ヒトカラをした。

北海道、カラオケもめちゃくちゃ安い。

お昼は30分50円からなんてザラにある。
しかもワンオーダーはなし



仕事終わりで18時をすぎていていたので今日は30分350円お酒ソフトドリンク飲み放題コースで一時間。


酔っ払いながら歌うの楽しいね!!


東京帰っても休みの前の日はのみほコースにしよう。

 

 

 

カラオケを楽しんだ後に北国出張お疲れ&生誕〝お疲れ〟という思いを込めて自分にご褒美。

北海道は小樽の名物チーズケーキ、ドゥーブルフロマージュを購入。

 

 

 

《FROMAGE DOUBLE》

 f:id:flying_syachiku:20170430221642j:image

 

 

 

www.letao.jp

 

ドゥーブルフロマージュとは、小樽洋菓子舗、ルタオが作っているチーズケーキ。

 

ひと口ふくむと、まるで雪のようにとろけだす「口どけのよさ」、一瞬で満ちていく、ふくよかな「ミルク感」、そして落ち着いた上品な甘さ。

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170430221654j:image

  

 

 

 

これチーズ好きは絶対食べるべき!!!

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170430221703j:image

 

 

 

キャッチフレーズに違わない「雪どけ」のように柔らかで優しい甘さ。

 

f:id:flying_syachiku:20170430221718j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170430221721j:image 

 

 

※皿がBBA※

 

 

 

 

 

新千歳空港の至るところでこのドゥーブルフロマージュの試食ができるから北海道に来たら良かったら食べてみてね。

 

 

ていうかうますぎるからとにかく食えな!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大嫌いな北海道出張も終わったし今日から社畜のGWが始まります。

今日はとことん夜更かしして昼まで寝よう最高おやすみ日本

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へ
にほんブログ村

社畜in北海道①.②

どうも!

 

非効率的な仕事ぶり

 

殆どない私生活

 

社畜ウーマンです!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい

 

 

 

 

 

 

 

昨日は仕事をマッハで終わらせ※終わってない 学生時代の友人とさくっと飲んで来ました

 

 

北海道の居酒屋はとにかく安い!!!

 

1人2000円あればたらふく食べれてへべれけに酔える。

 

 

「どうせ不味いんじゃないの?」

って??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここをどこだと思ってる、、、

 

 

 

 

北海道ぞ、、、

 

 

 

 

 

 

北の大地!!!!食の宝庫!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

私は一年中日本を飛び回る空飛ぶ社畜なので、色んな県で食事を楽しんでおりますが飯だけは!飯だけは北海道に勝る県は無いと断言できます。

 

 

 

 

 

 

 

安くたって北海道!!!!

 

まずいなんてあり得ない!!!

 

 

 

 

 

ここでオススメの海鮮丼とかラーメンとかスープカレーを語るのも良いですが本日は北海道の安くて美味い居酒屋で社畜が最も利用する店をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.hotpepper.jp

 

北海道を中心として運営されている串物居酒屋のチェーン店です。

 

社畜は帰郷すると必ず炎に行く。

 

 

看板メニューは生つくね100円。

f:id:flying_syachiku:20170427182511j:image

 

一口噛めば肉汁が溢れ出すとってもジューシーなつくね

そしてデカイ!安いのに食べ応えある。最高。

 

 

炎は串物が主だけど勿論鍋(1人前から290円〜)やサラダ系(390円〜)北海道名物ザンギやお刺身等もありメニューは豊富。

 

 

社畜は鮭のハラス(390円だった気が。)注文。

 

f:id:flying_syachiku:20170427182833j:image

 

社畜の写真センスにより全然伝わらないとおもうんだけどかなり長い。程よく脂がのっていて美味しかった。 

 

 

 

食べ物だけではない。

炎の凄いところは飲み放題の安さにある。

 

なんと炎、飲み放題が90分750円。

 

そんなに安いってことはほぼ炭酸水なまずいサワー数種類とかでしょ?

 

という声が聞こえそうだが炎の飲み放題はビールも日本酒も焼酎もカクテルも選り取り見取り。

 

更に女性が嬉しい果実酒系、梅酒系がのみほメニューにめちゃくちゃ多い。

 

梅酒だけで8種類くらいある。

それで750円。二杯以上酒を飲むならのみほの方が安いってちょっと意味がわからない。

 

 f:id:flying_syachiku:20170427182927j:image

 

 

(酔っ払っていたのでメニュー表のちゃんとした写真はないです)

 

 

この日社畜達は90分飲み放題に加え串物の4本、梅ザンギ、酒のハラス、サラダ、山芋わさび等お腹いっぱい食べて1人1800円だった。

 

 

 

 

 

 

海鮮丼もスープカレーもラーメンも勿論北海道で食べて欲しいけれど、そこそこ美味くて安い居酒屋で気の合う友人や同僚と呑みたいって人は一度は行って損はないだろう。

 

 

てわけで仕事はあと2日!乗り切ります!!

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へ
にほんブログ村

 

言い訳

あと5分で寝る

 

あと五分で寝なければ明日動けないわかっているんだけどこれだけは言っておきたいそう今ジャストナウ。

 

 

この空飛ぶ社畜ブログ、いつ書いているかって言うと退勤の電車の中。

 

一記事に費やす時間は約30分

あらかた記事を書いたらあとは帰宅してからPCで強調したいところを赤くしたり大きくしたりする

 

そんなかんじで所要時間45分くらい。

 

 

文字数は1000〜2000。

 

 

 

何が言いたいかっていうと誤字が多い。

 

 

まじで多い自分で読み返すたび直すんだけどそれでも治りきらないくらい多い

あと日本語がおかしかったりする

 

でもさ、でもさあ!自分のためのブログだしさあ!そもそも出張の写真をまとめるのが目的だからさあ!

 

 

 

 

 

 

 

許してください!!!!!!!

 

 

 

 

よし5分!!!!!寝る!!!!!

美女と野獣は◯◯で観ろ!!

こん社。

 

只今北海道ですが日付は少し戻り東京での4連休中に観た映画の話をします。

 

 

 

 

 

 

三日前、社会の流行に乗って美女と野獣を観てきました。

 

 

 

「感動」

 

 

 

この一言に尽きます。

 

 

 

 

オープニングからしてディズニーなんですよ。

 

ディズニー映画のオープニングで必ずあるシンデレラ城上空にティンカーベルが魔法の粉をかけるやつ、そうあれ。あれやるじゃないですか。

それがこの美女と野獣ではシンデレラ城じゃなくてビースト城になっているんです。

ビーストのお城に咲く映画の象徴となっている赤い薔薇を摘んだところから物語が始まります。

 

 

もう一度いいます。

 

 

オープニングからディズニーです。

 

一分一秒が夢の国です。

 

 

 

映像の綺麗さ絶妙なキャスティング、原作に忠実なストーリーetc

 

 

 

書きたい事は沢山あります。

 

 

 

 

ありますがきっと皆さんはてなブログで沢山書いているだろうし、ここで敢えて社畜の貧相な語彙力で映画の価値を落とす様な事はしません。

 

 

 

 

 

 

この記事では逆に美女と野獣鑑賞で気をつけるべき点

をいくつかお伝え致します。

 

 

これを読めばそこの貴方も映画館で恥をかく心配はありません。

 

 

 

それでは参りましょう。

 

 

 

題して

 

 

 

 

美女と野獣を見るに当たって注意すべき2点》

 

 

 

 

 

 です。

 

 

 

 

 

 

1.ホモ耐性をつけておく

 

「最初から何を言ってるんだこの腐れ社畜

そう思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし本当に耐性つけておいたほうがいいのです。

 

 

まずガストンの手下であるル・フウ。

こいつ、ホモです。

登場2秒で匂わせてきます。

後半ガストンが飲み屋でベルを落とせない事に消沈するんですけれど、そこでル・フウ、ガストンをここぞとばかり褒めちぎる。終いにはダンスの途中にガストンから抱擁される様に仕向ける始末。

 

ガストンがどんなに横柄な態度を取ろうと彼を立てる良妻、ル・フウ。

 

彼らの関係は単なる上司と部下の関係ではない。

恋です。

そこにあるのはル・フウのガズトンへの報われない、けれど純粋な恋心でした。

 

 

※後程調べたら結構皆さんルフウに注目していてn番煎じでした。皆思うところは同じ。ウィーアー腐れ※

 

 

 

ル・フウだけではない。後半ビースト城に乗り込んだ三銃士の1人。ワードローブ(タンス夫人)に素敵なお洋服に着せ替えられ他2人は嫌そうな顔をしているのに1人は満足げ。

 

 

あれはホモの顔でした。完全に目覚めてました。

 

 

タンス夫人も「Be free!!!」(自由に生きるのよ!)と仰っておりました。生きて下さい。

 

 

 

 

 

ワードローブ夫人の手により本当の自分に気付き始めた三銃士の1人と、ガストンへの恋心という呪縛から解放されたル・フウ。

 

物語の最後にビースト城で平民貴族関係なく皆が広場で踊るシーンがあるのですがその際この2人、一緒に踊るんです。

 

 

 

さあもう一つの物語の始まりです。

 

これが二人のアナザースカイ。

 

彼らの幸せを願っております。

 

 

 

 

 

2.美女と野獣イクスピアリで観ろ

 

タイトルの伏せ字はイクスピアリ

でした。

◯が四つ足りないとかそういう野暮なツッコミは入りません。

◯(まる)って何度も打つのめんどくさいので二つでいっかなんて思っていませんのでここは華麗にスルーします。

 

 

 

はい、そうです。美女と野獣はシネマイクスピアリで観てください。

 

それも午前、または16時までの公開のもので。

 

 

 

 

何故って?

 

 

 

 

 

 

そりゃあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観たら絶対夢の国に行きたくなるから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に決まってるでしょう。

 

 

 

 

 

美女と野獣のドリーム効果は想像以上です。

 

社畜は19時近くの会で観たんですけどこれほんと後悔。

 

 

猛烈にランドに入りたくなります。

子供に戻りたくなります。

 

オススメは16時開演の字幕版美女と野獣を観てアフター6で夢の国に入国。

 

アドレナリンフルマックスで入園しミッキーのフィルハーマジックまで走ります。風になります。

 

 

フィルハーマジックでルミエールの素敵な歌声に酔いしれましょう。

 

 

さあ次はワンスアポンタイムです。

 

プロジェクトマッピング美女と野獣を大いに楽しみます。

 

シンデレラ城に映された原作のポット夫人とチップに癒されてください。

 

 

これで映画版の瞳に光が灯っていなくてキモい独特なポット夫人とチップが原作版に脳内で変換されるので後は美しい映像とストーリーしか残りません。良かったですね。

 

 

 

感動に酔いしれたらお次はスプラッシュマウンテンに乗って絶叫しましょう。

 

 

これは必ず美女と野獣を観た後にすべき事というわけではありませんがとりあえあず乗っといてください。楽しいので。

 

 

 

最後にワールドバザール美女と野獣グッズを買ってお家に帰りましょう。

 

 

上記のコースで「Beauty and the Beast」を楽しめば、今夜貴方は夢の中でベルもしくはル・フウになれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 お分かりになりましたでしょうか?

これが美女と野獣の正しい鑑賞の仕方です。

これを読んだ皆さんはルールをしっかり守ってディズニーピクチャーの世界に酔いしれてください。

 

 

 

さあ楽しい夢のお話の後は北海道社畜物語が始まります。

今日から始まろうとしていましたが始まれませんでした。

 

始まる始まる詐欺です。

 

 

明日も早いのでそろそろルフウあっベルになってきますおやすみ世界。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 20代 日々のできごとへ
にほんブログ村

社畜in北海道⓪

今社。

さあ本日から社畜in北海道編始まります。

 

何故か沖縄とセットになりがちな北海道出張。

今回は一週間ほどのインターバル(東京滞在)があったから良かったもののいつもは那覇一週間、1日東京戻って次の日から北海道なんてザラにある社畜スケジュール。

 

当然の如く風邪をひきます。

 

特に気温差が激しい冬にこのスケジュールを組み込まれると120%体調を崩します。

 

しかし私達は社会の犬。

休むことなんて出来ません。

いつも笑顔で営業です。この笑顔月給◯◯万円です。

 

 

ていうか北海道ってなんでこんなに寒いんですかどうしてまだ雪積もってんの東京はもう葉桜だわていうか沖縄とっくに海開きだわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ていうか故郷だわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社畜、生まれも育ちも北海道でございます。20歳まで北の大地でじめじめうじうじ育ちました。

 

 

 

 

 

 

ただいまいホーーーッッッム!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

北海道出張時は大抵経費節約の為実家に泊まります。

ホテル代がかからないので前乗り(営業日数日前に現地入り)したりします。

 

 

今回も前乗りをして明日から働きます。

 

 

故郷なので当然観光地にはいきませんので観光ネタは少なめになりますがご了承ください。

 

 

 

 

 

 

さて只今羽田空港に早めに到着しダラダラしている社畜、まだ少し時間もあるので突然ですが今回の北海道出張のお供をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:flying_syachiku:20170426103713j:image

 

 

 

 

 

 

そうです。キャベツです。

 

 

 

恥ずかしながら社畜、手荷物でキャベツを持ち込んだ事が人生でまだ一度もございませんでした。

 

 

 

果たして手荷物で持ち込めるのでしょうか。

 

 

因みに昨年レタスは試しましたが問題ございませんでした。

 

だったらキャベツも余裕じゃない?と思う方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし日本の保安検査は厳しいのでキク科が良くてもアブラナ科はNGかもしれません。

 

 

 

不安で胸がいっぱいな私、社畜

 

 

 

 

いざ尋常に 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170426103728j:image 

 

 

 

勝負!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:flying_syachiku:20170426103753j:image

 

 

 

通過致しました。 

 

 

優雅にANAラウンジで寛いでおります。

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の皆さんこんにちは。

キャリアウーマンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はキャベツ以外にも豆腐(木綿)、チータラ(硬)などを持ち込みましたが特に止められることなく保安検査内に入ることが出来ました。

 

上記のことから大抵のものなら機内に持ち込めることが分かりましたね。参考までに。

 

 

 

 

 

さてそろそろボーディングタイムです。

 

北からミサイルが飛んでくる前に社畜が北に飛ぶことにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは社畜in北海道編、始まります。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へ
にほんブログ村